企業情報
HOME > 企業情報 > CSR情報

CSR情報
CSR Information

CSRの考え方

光洋サーモシステムは、「熱処理技術で社会に貢献」するという企業理念の実現に向けて、「経済」「社会」「環境」のそれぞれの関係において、調和した事業活動を実践します。
良き企業市民として、この趣旨を共有するお客様、サプライヤーのみなさまとともに、社会的課題の解決に努め、社会・地球の持続可能な発展に貢献してまいります。

※製品やサービスの提供を通じて地球環境・社会的課題を解決した事例をご紹介いたします。
[技術情報リンク]


行動規範

私たちは、光洋サーモシステム・グループの一員として、業務の遂行に当たり次のことを行動の規範とします。

1. 法令、規則との関係
  • 私たちは、各国・地域の法令や社内規則の正しい理解に努め、その精神に即して行動します。
  • 私たちは、たとえ、会社のためという動機など、いかなる理由があったとしても、違法行為を行いません。
  • 私たちは、自らの過ちについて虚偽の報告をしたり、隠ぺいしたりしません。他人の違法行為や虚偽報告、隠ぺい行為を知った場合には、上司や専門部署に報告のうえ、適切な処置をとります。
2. お客様、取引先様との関係
  • 私たちは、お客様、取引先様との契約を尊重し、誠実に履行します。お客様、取引先様との契約と法令・社内規則との間に矛盾がある場合には、その解消のために適切な処置をとります。
  • 私たちは、公正かつ自由な競争のもとで事業活動を行い、談合・カルテルなどの不公正な手段を用いたり、用いたと誤解されるような行動をとりません。
  • 私たちは、事業活動の遂行または取引の獲得にあたって、賄賂などの不正な利益の提供をしません。また、外部からの不正な利益の提供の申し出に応じません。
  • 私たちは、取引上の地位や経済力の差を手段として、取引先様への不当な要求を行いません。
3. 会社との関係
  • 私たちは、常に光洋サーモシステム・グループの企業価値の向上に努めます。
  • 私たちは、製品の性能・品質・安全性の向上のため、常に最大限の努力と注意を払います。
  • 私たちは、法令・社内規則等のルールに則った経理・財務管理を行い、適正な会計処理と納税を行います。
  • 私たちは、個人的利益のために会社資産を使用しません。会社資産が紛失・盗難・破損等の被害に遭わないよう、充分に注意して保管・管理します。
  • 私たちは、知的財産権が重要な会社資産であることを認識し、適切な取得・管理に努めます。また、他者の知的財産権を侵害しないよう充分な注意を払います。
  • 私たちは、機密情報を適正に管理し、漏えいや不正利用、改ざんの防止に努めます。
  • 私たちは、個人情報の適切な取得、利用、管理に努めます。
4. 共に働く仲間たちとの関係
  • 私たちは、人種、国籍、信仰、性別、性的指向、年齢や心身の障がいの有無を理由とした不当な差別をしません。
  • 私たちは、一緒に働く人々の安全・健康を確保し、職場環境の維持向上に努めます。
  • 私たちは、お互いの人格・個性・立場・意見を尊重し、良好な関係作りに努め、一人ひとりがいきいきと働ける職場つくりに努めます。
5. 社会一般との関係
  • 私たちは、人権を尊重し、強制労働、児童労働なとの非人道的な手段を用いず、これらによって得られた成果を利用しません。
  • 私たちは、業務活動その他の経営実績について適正な情報開示を行います。
  • 私たちは、証券取引市場への信頼を守るため、業務を通じて知った自社または他社の未公開情報を利用した、不正な株式等の取引を行いません。
  • 私たちは、反社会的勢力の排除に努め、不当な要求に対しては毅然とした態度で臨みます。
  • 私たちは、地球規模での環境保全の必要性を深く認識し、これに努めます。
  • 私たちは、積極的な社会貢献活動に努めます。

情報セキュリティポリシー

ジェイテクトグループ 情報セキュリティに関する方針(ポリシー)
ジェイテクトグループは、その使命の実現に向けて制定した企業行動規準に則り、進化する脅威(リスク)に
対応することを含め、お客様からお預かりした情報資産をはじめ、全ての情報を適切に取扱います。
また、製品開発、製造、出荷等の各工程においても、情報セキュリティ対策を講じることにより、安全な製品を
供給します。

全てのステークホルダーから信頼され、期待に応えるため、具体的な指針である グローバル・コンダクト・
ガイドラインと共に組織的に情報セキュリティのレベル向上、 強化に取組みます。

1.法令遵守
各国が定める法令、指針・規範等を遵守します。法令遵守の意識を常に持ち、不正な情報の入手、虚偽報告、
隠ぺいを未然に防止します。
2.推進体制
情報セキュリティリスクを認識し、リスク発現を防止する対策の実施計画を立案・運営できる体制をグローバル・
リスクマネジメントの一環として推進します。
3.情報セキュリティマネジメント
(1)情報の取り扱い、工場、設備、製品において、情報セキュリティリスクに対し、リスクの発現を防止します。
(2)情報資産の管理体制、取り扱いの仕組みについて、定期的な点検を実施し、継続的に改善・見直しを
実施します。
(3)情報セキュリティに関する教育・啓発を全従業員に対して継続的に実施します。


[ PDFファイルはこちらから ]