製品情報
HOME > 製品情報 > 電子部品製造装置 > セラミックコンベア式連続炉

セラミックコンベア式連続炉
Ceramic Conveyor Type Continuous Furnace

耐熱性・耐摩耗性に優れた特殊セラミックチェーンを搬送コンベアとして採用。
マッフルレス、セラミックセミマッフル、金属マッフルなどのタイプが選択可能。
セラミックコンベア式連続炉

特長

  • 耐熱性・耐摩耗性に優れたセラミックチェーンを採用
  • セラミック製マッフルによりクリーン度が向上
  • 金属スケールの少ない環境下での雰囲気焼成も可能

耐熱温度1200℃までの中低温域用セラミックコンベアと高温強度に優れるムライトを使用した耐熱温度1400℃までの高温用セラミックコンベアの選択が可能です。搬送にセラミックチェーンを採用することでフェライト焼結やMLCC焼成などの高温処理が可能です。マッフルにつきましてもマッフルレス、セラミックセミマッフル、金属マッフルの選択が可能です。セラミックセミマッフルを使用することで炉内の金属コンタミを排除することができ、ガラスなどの高温グレージングやコンデンサー、サーミスターなどの電子部品焼成など広範囲にご使用いただけます。金属マッフルとの組み合わせではメッシュベルト炉と比較して金属スケールの少ない環境下での雰囲気焼成が行えます。

最高使用温度 1400℃(セラミックマッフル) 〜600℃(耐熱鋼マッフル)
搬送方式 セラミックコンベア搬送
加熱室 耐熱鋼マッフル 又は セラミックマッフル
対応有効幅 200mm〜(別途ご相談ください)
対応雰囲気 Air、N2 (WET/DRY)
用途 フェライト焼結、MLCC焼成、ガラスグレージング、サーミスタ焼成、セラミックセンサー焼成
当社では、設備導入を検討のお客様のためにデモ装置を準備しております。
デモンストレーションのお問い合わせ・お申し込み

※当社ご用意のデモ機は上記標準製品と仕様が異なる場合があります。
 デモ機の仕様についてはお問い合わせください。