製品情報
HOME > 製品情報 > 電子部品製造装置 > 小型コンベア炉810A

小型コンベア炉810A
Compact Conveyor Furnace

小型で設置面積が少なくてすみ、各種雰囲気での熱処理が可能。
厚膜焼成、電極乾燥、セラミック基板製造の実験用に最適な小型コンベア炉。
小型コンベア炉810A

特長

  • 多品種、小ロット生産に最適
  • マッフル採用により雰囲気下で連続処理が可能
  • 各カバー類のワンタッチ開閉によるメンテナンス性の向上
  • タッチパネル搭載
  • ウィークリータイマ標準搭載

大気環境、N2雰囲気、水素(還元)雰囲気など電子部品製造のあらゆる環境にお応えする装備を満載した実験(R&D)用コンベア炉です。小型で設置面積がすくなくてすみ、場所をとりません。出入り口に設けられたパージチャンバーの採用で炉内雰囲気の安定性・再現性に優れています。耐熱構造のマッフル採用、操作部のタッチパネル化、ウィークリータイマー標準搭載などコンパクトな中に高機能を備えています。

型式 810A 810A-II
最高使用温度 1000℃
常用使用温度範囲 250〜900℃
温度制御 温度調節計 (PID制御)
熱電対 K、PL-II
ゾーン数 4、5、7 (ゾーン数については当社までご相談下さい)
加熱長 969mm(4ゾーン)、1216mm(5ゾーン)、1704mm(7ゾーン)
ヒータ モルダサームヒータ
ヒータ出力 2.3kW(at 200V) / ゾーン 3.0kW(at 200V) / ゾーン
冷却長 450mm (4、7ゾーン) 950mm (5ゾーン)
ベルト幅(mm) 100、120 150、200
積載重量 1kg/m 2kg/m
コンベアスピード
調整範囲
標準15〜150mm(標準外でも製作可能です)
外形寸法(mm)(注1) 【4ゾーン】
3000(L)×530(W)×1360(H)
【5、7ゾーン】
3700(L)×530(W)×1360(H)
【4ゾーン】
3000(L)×610(W)×1360(H)
【5、7ゾーン】
3700(L)×610(W)×1360(H)
過熱防止計 標準装備
電動機過負荷保護器 標準装備
冷却水断水検知器 標準装備
ガス圧力低下検知器 標準装備
用途 厚膜焼成、電極乾燥、ロー付け、ハンダ付け、リフロー
(注1) H2仕様は1700(H)となります。