製品情報
HOME > 製品情報 > ヒートエレメント > モルダサームヒータの取り扱い方法

モルダサームヒータの取り扱い方法
How to Moldatherm heater

モルダサームヒータの取り扱い方法

モルダサームヒータはブロック工法の採用により簡単組み立て、簡単メンテナンスを実現した電気加熱・抵抗加熱用ユニットヒータです。セラミックファイバー材は軽量で組みやすく、取り扱いも容易です。

取り付け方法
a.端子部の接続

モルダサーム(LGO)とリード線との結線
端子には薄い酸化皮膜がついていますので、紙ヤスリで表面を研磨し、導電ペーストを塗布しボルトナットを2本のスパナで充分締め付けてください。

b.ブランケットの取り付け
温度抑制
コントロール方法
※温度制御方法はPID・SSR制御をおすすめします。
熱電対位置
※熱電対位置は炉面内から30mm以上炉心寄りに
   配置してください。
使用上のご注意

モルダサーム(LGO)は多孔質なので、油分・水分・各種ガスなどが浸透・吸収しやすくなっています。このため、保護雰囲気や、被処理品の性質・状態によってはモルダサーム(LGO)を保護する処置が必要です。

1.保護雰囲気中での使用
炉内雰囲気が大気・窒素ガスの場合は問題ありませんが、その他の雰囲気では対策が必要です。

  • 吸熱型炉気、発熱型炉気などススを生じるガスについてはマッフルを使用して下さい。
  • 分解アンモニアガス、H2ガスなど還元力・浸透力の強いガスについてもマッフルの使用をおすすめします。
    または断熱層の厚さを通常の2倍として下さい。

2.被処理品からの発生物などの対策
モルダサーム(LGO)に付着・吸収した油分の炭化はヒータの短絡や絶縁性低下の原因となります。このほか、被処理品より発生するガスなどがモルダサーム(LGO)中のヒータ、ファイバーなどに悪影響を及ぼすことがあります。これらの不都合を避けるため、被処理品の状態・性質(油分・水分など揮発成分の含有状態や加熱による脱ガスなど)は炉内挿入前に十分確認して下さい。また炉設計時には被処理品の性質を把握し適切な保護手段を施した炉体構造とした上でご使用ください。

3.吸湿対策
モルダサーム(LGO)に含まれる湿気は短絡の原因となります。このため試運転時には600℃で1〜2時間乾燥させるようにしてください。