製品情報
HOME > 製品情報 > 工業加熱装置 > 真空熱処理炉

真空熱処理炉
Vacuum Furnace

真空環境下での焼入、ロー付け、焼鈍の処理が可能。
焼入油槽やガス冷室が別室になった2室炉、3室炉などもラインアップ。
真空熱処理炉

特長

  • ガス冷却と油冷の組合せが可能
  • 多彩な冷却方向(1方向・上下・全周)
  • 対流加熱による急速昇温
  • 長寿命なグラファイトロッドヒータを採用
  • 優れた温度分布精度でAMS2750規格の対応可能

処理品に応じて加圧ガス冷却や油冷、またはガス・油冷兼用冷却など柔軟な構成が可能です。なかでも焼入油槽やガス冷室が別室となった3室タイプは、インラインでの連続処理が可能で高い生産性でニーズにお応えします。
バッチ型1室タイプでは冷却速度を高めるためのガス加圧冷却が標準ですが、最高0.5MPaのN2ガスを製品に対して上下方向の風向き切り替え方式を選択できます。また、優れた温度分布精度でAMS2750規格の対応も可能です。

型式 GR-243624-24VPC
最高温度 1300℃
有効寸法(mm) 610(W)×915(D)×610(H)
処理量 Gross500kg / チャージ
真空到達度 6.7×10-3Pa [abs] 以下
主な用途 ダイス鋼・ハイス鋼の加圧ガス冷焼入 / 工具鋼の油焼入 / ステンレス固溶化熱処理 等
処理品例 真空ロー付け、真空焼鈍、
ダイス鋼、高速度工具鋼、マルテンサイト系ステンレス鋼、モリブテン鋼等の焼き入れ
オーステナイト系ステンレス鋼の固溶化熱処理
当社では、設備導入を検討のお客様のためにデモ装置を準備しております。
デモンストレーションのお問い合わせ・お申し込み

※当社ご用意のデモ機は上記標準製品と仕様が異なる場合があります。
 デモ機の仕様についてはお問い合わせください。