製品情報
HOME > 製品情報 > 工業加熱装置 > 連続焼鈍炉・焼準炉

連続焼鈍炉・焼準炉
Continuous Annealing Furnace/Normalizing Furnace

前後真空パージ室の採用により少量の窒素(N2)ガスで高品質焼鈍処理が可能。
焼準(焼きならし)の連続処理が行える低コスト高生産性タイプ。
連続焼鈍炉・焼準炉

特長

  • 前後真空パージ質の採用により、少量の窒素ガスでの処理が可能。
  • 窒素(N2)ガス雰囲気にLPGエンリッチ添加と、高精度雰囲気制御技術により高炭素鋼であっても低コストで表面脱炭のない焼鈍処理が行えます。
  • 高炭素クロム軸受鋼の球状化焼鈍炉、軟化焼鈍炉、焼準との兼用炉の製造実績があります。

前後真空パージ室の採用で窒素(N2)ガス使用量は少量でOK。窒素(N2)ガス雰囲気にLPGエンリッチ添加を行い、高精度雰囲気制御技術により高炭素鋼であっても低コストで表面脱炭のない焼鈍処理が行えます。
昇温から均熱まではリジェネバーナ、徐冷はシングルエンドバーナーを使用するオールガス加熱でランニングコストを低減します。

処理品例 高炭素クロム軸受鋼、低炭素鋼の球状化焼鈍
各種金属材料の軟化焼鈍、焼準
アイソサーマル、サイクルアニーリング、応力除去などの各種アニーリング