製品情報
HOME > 製品情報 > 工業加熱装置 > メッシュベルト式連続焼結炉

メッシュベルト式連続焼結炉
Mesh Belt Type Sintering Furnace

搬送方式にメッシュベルトを採用した連続焼結炉。
蓄積されたバーンオフ技術と温度コントロールで高品位な焼結を実現。
メッシュベルト式連続焼結炉

特長

  • バーンオフ室は直火式バーナによる直接加熱式。
    酸化性雰囲気により脱脂を促進。
  •      
  • 加熱室はモルダサームヒータとマッフルを組み合わせた構造と
    マッフルレス構造をラインアップ。
  • 高価なマッフルを使用しないマッフルレス構造は
    メンテナンスコスト低減、長期にわたって安定稼働が可能。

ガス燃焼加熱による脱脂処理と高温下での焼結処理を連続的に行い、肌荒れの無い高品質、高精度な焼結処理を提供します。

型式 CM-6-181804-A28C
最高温度 脱脂:800℃ 焼結:1150℃
熱源 脱脂:ガス(電気) 焼結:電気
有効寸法
(mm)
バーンオフ(脱脂):400(W)×2400(L)×100(H)
焼結:400(W)×4575(L)×100(H)
徐冷:400(W)×900(L)×100(H)
冷却:400(W)×8500(L)×100(H)
処理量 230kg/h
主な用途 雰囲気焼結
処理品例 鉄系焼結、その他の焼結全般