製品情報
HOME > 製品情報 > 工業加熱装置 > メッシュベルト式連続浸炭焼入炉

メッシュベルト式連続浸炭焼入炉
Mesh Belt Type Continuous Carburizing Furnace

搬送方式にメッシュベルトを使用した連続浸炭焼入炉。
メッシュベルト式連続浸炭焼入炉

特長

  • ガス加熱、電気加熱の組み合わせによる加熱方式があります。
  • ベルト巾は、254mmから1,220mmまで幅広く製造実績があります。

搬送にメッシュベルトを採用した連続浸炭焼入炉は、ベルト幅254mm〜1,220mmまで豊富な製造実績があります。
ベルト幅460mm以下のサイズには、当社製モルダサームヒータとマッフルによる加熱方式を採用し、設備の小型化、省エネ、メンテナンス性の向上を図っています。それ以上のサイズには、ガス加熱と電気加熱の組み合わせによる加熱方式で省エネ性の高い効率的な加熱を行うことが可能です。

処理品例 ボルト、チェーンプレート、ベアリングレース、ボール等の焼入