製品情報
HOME > 製品情報 > 工業加熱装置 > 真空焼結炉

真空焼結炉
Vacuum Sintering Furnace

カーボンインナーマッフル採用で脱脂から焼結までの連続処理が可能。
脱脂工程で排出されるガスに加熱室が汚染されない構造。
真空焼結炉

特長

  • カーボン製インナーマッフルの採用により、脱脂―焼結工程の連続処理が可能。
  • 真空、ガスフロー、加圧(0.1MPaまで)に対応。
  • MAX.Temp.2300℃の機種も標準化。
    (MAX.Temp.2300℃は真空中)

加熱室内にカーボン製インナーマッフルを採用しているため、脱脂工程でガスが発生してもガスはマッフル内に止まります。そのため、マッフルを包む加熱室は汚染がなくクリーンな焼結を行うことができます。ワックストラップを装備しており、各種バインダの脱ワックスに使用可能です。
1台の炉で脱脂から焼結工程まで連続で行えるため、低ランニングコスト・省エネで処理が行えます。
インナーマッフルのラジェーション効果により炉内温度分布が一段と向上、温度精度幅6℃以内を実現しています。

処理品例 超硬金属、ステンレス、セラミックスの焼結