製品情報
HOME > 製品情報 > 先端技術製造装置 > ローラーハース式連続炉 RHシリーズ

ローラーハース式連続炉 RHシリーズ
Roller Hearth Continuous Furnace RH series

特殊セラミックローラーの採用で大型ガラス基板をクリーンに連続搬送し熱処理を行います。
有機EL(OLED)フリットガラスの封着にも対応可能。
ローラーハース式連続炉 RHシリーズ

特長

  • クリーン化対応
    特殊セラミックの搬送ローラと独自の駆動方式(特許取得済)で炉内発塵を抑制しました。ガラスマッフルの採用により処理基板のパーティクル汚染を防止できます。
  • 省エネルギー化
    弊社オリジナルの高断熱モルダサームヒータを採用し、省エネルギー化を実現しました。
  • 環境対応
    触媒で脱バインダーガスを分解除去(特許取得済)し、人と地球に優しい環境を実現しました。
  • 省スペース化
    加熱部を最大3段構造とし炉長を短縮することが出来ます。また、リターンコンベア部に冷却部を配置する事で、より一層の省スペース化を図っております。

ローラーハース式連続炉は大型基板焼成での確実な搬送を実現します。独自のセラミックローラーにより発塵を低く抑え、高断熱性モルダサームヒータの採用で省エネルギーと製造環境の向上に貢献します。

基板サイズ(mm) 300(W)×300(L)〜2800(W)×1900(L)
使用温度範囲 150〜650℃
温度精度 ±3℃
用途 PDP/FED各種ペースト及びフィルム材料の焼成
※乾燥炉の製造も対応いたします。
当社では、設備導入を検討のお客様のためにデモ装置を準備しております。
デモンストレーションのお問い合わせ・お申し込み

※当社ご用意のデモ機は上記標準製品と仕様が異なる場合があります。
 デモ機の仕様についてはお問い合わせください。